小さな土地でも戸建て住宅が可能な狭小住宅

メンズ

狭い土地に住宅を建てる

間取り

都心部のように土地が少ない場所では、狭小地であっても住宅を建築する必要があります。田舎であれば60坪から70坪くらいが分譲地としては一般的ですが、都心部では30坪くらいの狭い土地であっても、住宅地として売り出されています。狭小住宅を建築するためには、様々な工夫が必要になります。屋内エレベーターで屋内の面積を減らしたり、ルーフガーデンにより狭い土地でも庭を楽しむなどの工夫によって、本来の土地を十二分に活用することができます。そのため、狭小住宅を建てるには経験豊富な住宅メーカーを選ぶことが大切です。どの住宅メーカーでも狭小住宅を建築できるわけではなく、専門的な知識を有している住宅メーカーの方が、より使い勝手のいい住宅を建築できます。

狭小地において注意しなければならないのは、上下の空間を有効に使う必要がある点です。面積を広く利用することができませんから、狭小住宅は当然階数が高くなります。3階から4階くらいの建物になりますので、耐震性にも注意しなければなりません。建床面積は狭いですが、高い建物になりますので、どうしても基礎が浅い建物になります。地震が起きた場合の影響が大きいので、非木造建物にするなど、強度を強くすることが重要です。また、フロア当たりの面積が狭い狭小住宅の場合、まとまった収納スペースをとることができません。そのため、収納スペースを分散させながら確保する必要があります。ちょっとしたスペースを収納として活用する工夫が重要です。

不動産を大阪で建てる

内観

大阪市は北側と南側でイメージが異なるため、戸建て住宅を建てる時には雰囲気を知っておくことが大切です。大阪でも不動産価格の安いところはありますので、戸建てを建てるなら建設会社などの価格情報を調べておきましょう。

Read More

理想の住まい探し

戸建て

不動産情報サイトで名古屋市内の新築一戸建てを探したり、宅地販売と住宅建築を手掛ける業者を活用するのが、マイホーム購入の一般的な方法です。在庫処分情報を活用して割安に物件を手に入れたり、耐震性を重視して設計と施工にこだわりのある物件を選ぶことが重要です。

Read More

すべてを叶えてくれます

説明

福岡市は住みやすい街と言われています。生活に必要なものをすぐ買えますし、移動手段も多いので、色々なところへ足を運びやすくなっています。また大都会だけに、福岡市には建売の一戸建ても数多く存在しています。いまは注文住宅を選ぶ人も増えています。

Read